2009年11月16日

続木和子の子宮筋腫、手術やホルモン治療のいらない14日間改善方法からみた子宮筋腫の現状


続木和子の子宮筋腫14日間改善方法の
詳しい情報は、こちらから




banner1_43301.gif



続木和子の子宮筋腫、手術やホルモン治療のいらない

14日間改善方法の著者である続木和子先生から見た

子宮筋腫の現状について述べてみましょう。


子宮筋腫について、病院または、医師はホルモンと

食べ物とは、あまり関係がないと言います。


そうして、痛み止めの薬や、ホルモン療法、手術を

勧めます。


これは、残念ですがホルモンに対する日本の医療が

遅れているためです。


子宮筋腫の病院の現状について

1、経過を見守る

見守ると言っても実際には貧血があれば造血剤を

処方し、合併症があればその治療をしますが、

子宮筋腫を改善するための指導はありません。


2、薬で子宮筋腫に伴う症状を止める

貧血があれば造血剤、生理痛がひどければ鎮痛剤を

使います。


3、ホルモン療法について

合成ホルモンを使って、生理を一時的に止めて

筋腫を小さくする方法ですが、合成ホルモンを

止めるとまた、筋腫が大きくなります。


そのため、一時的な方法として使われますが

ホルモンのバランスを崩し、子宮筋腫の症状が

悪化する恐れもあります。


4、子宮筋腫の手術について

筋腫だけを切り取る、子宮を全部とる手術が

ありますが、どちらも子宮筋腫の根本治療とは

なりません。


筋腫だけ取っても、また、筋腫が出来ますし

子宮を取った場合は、更年期症状が急激に

現れてしまいます。


続木和子の子宮筋腫14日間改善方法の
詳しい情報は、こちらから





続木和子の手術やホルモン治療のいらない14日間 子宮筋腫改善方法 口コミでは、最新のホリスティック栄養学に基づいた薬に全く頼らず、高額な治療費を支払うこともなく簡単に実行できて、子宮筋腫が起こす経血、生理痛、便秘などのさまざまな症状が解消して、心身ともに健康になって若返る方法、口コミ情報をお伝えしているブログです。




生理痛の症状を薬に頼らず緩和、解消 続木和子の続木式7日間改善対策

外反母趾の痛み・治療に手術はいらない!中村静雄の中村式外反母趾矯正・改善プログラム


posted by 子宮筋腫改善 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。